内田裕也1966年ビートルズ武道館前座

Share

「内田裕也1966年ビートルズ武道館前座」への2件のフィードバック

  1. 裕也さんの昔の姿、邦夫おじさん(廿楽邦夫ね、もう一人のおじさんは原島邦夫さん、こっちは似ていない)に良く似ているなー、確か声も。saitama :okegawa

    この文章、役に立ちませんか(立たないかなー)

    税制改革:〔愛情主義経済〕へ tax of love.
    よかったら、この文章の感想を下さい。
    愛とお金、幸せと豊かさが比例しない社会に住んでいては、いけないと想う。そのような社会では、発展は不可能だと想う。幸せになることで、豊かになろう。
    安定した経済変動と力強い経済発展は必要だと想いませんか?
    そのためには、所得税と法人税と消費税で大丈夫なんでしょうか?
    景気と財政、民間景気と政府財政が反比例の関係になることが必要なのでは無いでしょうか??
    つまり、〔愛情主義経済〕と呼ぶ理想経済の中で、お互いの所得を牽制することなく許容認可し合いながら、担税責任という、お互いの維持費用(経費)に応じて課税し合う『必要経費税』と『逆人頭税』(ベーシック・インカム)という社会保障が必要なのでは無いでしょうか??
    その応用である、所得税と法人税を一緒にして法人所得税のゼロ税率化を行う『法人経費税』と消費税の仕入れ税額納税化を行う『生産費税』も予算確保として、必要では無いでしょうか?税率はどれも1%ぐらいから。
    住民税を『経費割』にして、景気と財政を反比例の関係に持ち込み、安定した経済変動と力強い経済発展を手に入れましょう!!!
    金融機関については、『投融資資金税』を設け、採算の合う活動をして貰いましょう。
    環境税は『環境コスト税』に変えてコストの掛からない環境に替えることが大切だと想う。

    LOVE SYSTEM http://www2.plala.or.jp/TAX/

    天安門の国旗掲揚式を見たいという、目の見えない少女の話をTVでみました。涙しました。この世はまだ完ぺきではないのですね。悪と見られるものがが必要な不完全な社会なんですね。理想経済【愛の星】が手に入るような中国の駐在員事務所の課税方式【経費課税】に注目してください。必ず未来が見えるはずです。

    1. コメントありがとうございます。
      ベーシックインカムの発想は必要と思います。
      スイスの6月の国民投票は注目しています。
      内田裕也.com的なネタかどうかは??ですが。^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です