Home Bio Disc Special Shop Link Press
スーパーエネルギー 今ROCKがヤレルコト!『HELP!』 渋谷大阪徳島石巻横浜
10円コンサート 謝罪会見グランプリ 桑名正博葬儀
MOJOWEST祇園 安岡力也お別れの会 ジョー山中葬儀
DJ Bad Boy Stones x Yuya 『JOHNNY TOO BAD 内田裕也』『内田裕也 俺は最低な奴さ』発売記念!
日比谷公会堂と野外音楽堂の未来を語る会
ジョン・レノン追悼

桑名正博葬儀

桑名正博葬儀
葬儀委員長挨拶

葬儀委員長挨拶

言うべきことはありませんが、「あんたも私も二人で一つ、わいもケツふって踊りまっくたんで、スウィート・ホーム大阪、スウィート・ホーム大阪」。桑名正博君のデビューアルバムの一曲。僕はこの曲がとても好きで、よく酔っぱらって歌ってました。1973年、彼が19歳の時です。
日本を代表するロッカー、ロックンロール・ボーカリストだと、いつもステージの脇から見ながら、多くのミュージシャンと聴き惚れておりました。たまには、酔っぱらって、暴れたりするところは、まあ、オレやジョーや力也と共通点がありますけども、後半の彼の人生は、地に足の着いたボランティアや、本当にハートフルな100カ所のツアー、その途中に倒れたという、ロッカーとしては、そういう意味では幸せな人生だったと思います。
残念なのは、ロックンロール、せめて、せめて、69歳までは生きて欲しかったと思います。
自分もロック+スリーになって、ロック界では、最年長の部類になりましたけれども、初心を忘れずに、これからも歌い続けてやろうと、昨日、決心しました。
こんなに大勢の人に愛されて、東京からも大勢の人たちがいらして、彼の人間性、人格、そしてチャーミングな笑い声と、すばらしいボーカルに、改めて僕も感心した次第です。
奥さん、お母さん、アキコさん、晴子さん、そして、この後、桑名正博の遺志を音楽でもっと世界中に広めて欲しいと思う、美勇士君、そしてレン君。君たちの双肩に桑名正博は、かかっていると思います。本日は本当にありがとうございました。
桑名正博君、ロックンロール!

                                                            内田裕也

2012.10.30 大阪市立葬祭場 やすらぎ天空館にて

テープ起こし協力:Naoji Yoshioka


Copyright © 2015 UchidaYuya.com