Rollienne のすべての投稿

映画『BUGS』オフィシャルサイト公開

mil9で、Before Christ Butterflyで、New Year Rock Festivalの常連だったロックボーカリストBillyが監督する映画「BUGS」最新作のオフィシャルサイトが公開されました。
クランクインは5月とのこと。
一癖も二癖もある豪華出演者が奇跡的に集結!
ロックの香りあふれるBilly監督の映画、公開が楽しみです。

https://bugs-movie.com/

ユーヤさんのお墓参り。ドラキュラルックのBilly♪

Share

[TV]世界サブカルチャー史 欲望の系譜他

世界サブカルチャー史 欲望の系譜
特別編 メディアと大衆の百年

2024年3月31日(日) 23:20~24:49 NHK BSプレミアム4K
https://www.nhk.jp/p/ts/GLP33Y7513/

『コミック雑誌なんかいらない!』が取り上げられます。BSプレミアム4Kでの放映ですが、Eテレで再放送があると思います。

家、ついて行ってイイですか?

2024年4月7日(日) 20:50~21:54 テレビ東京

ユーヤさんの写真が出るとのことです。

ドキュメント・原田芳雄Birthday Live ~生きてるうちが花なんだぜ~

2024年3月30日(土) 21:00~22:55 BSフジ
https://www.bsfuji.tv/haradayoshio/pub/index.html

ユーヤさんは出ないですが、ユーヤファンには重要な情報と思いますので、ご紹介します。

 

 

Share

[TV] 50+1 New Year Rock Festival 2024/2/25, 2024/3/3

50+1 New Year Rock Festival 2023-2024
TOKYO MXにて2週連続放映決定!!
新たなる歴史の第一歩!
放送局 TOKYO MX
前編2024年2月25日(日)26:40~27:40
後編2024年3月3日(日)26:40~27:40
出演者 KYONO・湾岸の羊~Sheep living on the edge~・J-REXXX ・瓜田夫婦・呂布カルマ
Mountain Man(高橋和也、原田喧太・平山ヒロポン牧伸)・キングギドラ・Rueed
暴動クラブ・RAY YAMANAKA a.k.a. ZERO
Co Producer Zeebra  Produced by HIRØ
1973年、内田裕也がスタート、日本が世界に誇る最長寿、年越しロックイベント【New Year Rock Festival】が
昨年2023年の大みそかに無事開催されました。
この度、TOKYO MXにて『50+1 New Year Rock Festival 2023-2024』の模様が2週連続で放送されることが決定いたしました。
プロデューサーには昨年に引き続きHIRØ(湾岸の羊~Sheep living on the edge~)が就任。
コロナ禍によって無観客配信ライブを余儀なくされた2年間、満を持して有観客で迎えた2022年の
年末に行われた50周年。生まれ変わった New Year Rock Festival。新たなる歴史を創り上げた50+1New Year Rock Festivalを是非ご覧ください。

 

 

Share

内田裕也 ロックンロールお墓参り&トリビュートライブ&内田裕也HELP基金

内田裕也 ロックンロールお墓参り

もうすぐユーヤさんの命日です。
今年は命日の3月17日に、お墓参りをします。

〇お墓参り(申し込み不要)
※お供え用ビールを1缶ご持参ください。

日時:2024年3月17日(日)15:00 光林寺境内前集合
(東京都港区南麻布4丁目11−25)

渋谷駅東口 58番のりばから都営バス(都06)新橋駅前行き 光林寺下車
新橋駅前 5番のりばから都営バス(都06)渋谷駅前行き 光林寺下車
新宿駅西口から都営バス(品97)品川駅高輪口行 光林寺下車
品川駅高輪口から都営バス(品97)新宿駅西口行 光林寺下車

お寺ではお墓の場所は教えてくれませんので、お参りしたい方はご一緒しましょう。
なお、みんなでビールを1缶ずつ持ち寄って、お供えしようと思います。
その場で飲むわけではありません。

お墓参りの後は、毎年開催されている原宿クロコダイルでのトリビュートライブに移動します。
お時間のある方はご一緒しましょう。

主催:内田裕也お墓参り実行委員会 Rock’n Rollienne & Sachi

トリビュートライブ

2024年3月17日(日)
【第4回】内田裕也さんトリビュートライブ
17時 開場 18時 開演
予約/当日 4000円+別途ドリンク代

【第4回】内田裕也さんトリビュートライブ

 

内田裕也HELP基金

トリビュートライブの会場で内田裕也特性のNew Year Rock Festivalロゴ入りの洋服を6900円で販売します。
数に限りがありますので、くじびきになってしまうかもしれませんが、内田裕也の形見の服が手に入るチャンスです。ぜひ、ライブにも参加してください。
売上は内田裕也HELP基金として能登半島地震の復興支援ライブに寄付します。

〜GSconnection’24〜 能登半島地震復興支援ライブ

 

Share

50+1 NEW YEAR ROCK FESTIVAL 2023-2024

50+1、ニューイヤーロックフェスティバルの新たな出発は渋谷ストリームホール。開演前に渋谷でフラーやーを配るということで、こちらも参加してきた。

ルタ前でのチラシ撒きを思い出しながら、エスカレーターの下で待っていると、HIRØ、TATSU、CHARGEEEEEE、Ray Yamanaka、瓜田純士が降臨!

渋谷センター街でひときわ目立つモヒカンのRYO-TA。

「あやしいものではありません」とHIRØ。NEW YEAR ROCK FESTIVALの声が響く。

REDZもメガフォンとって、Power To The People!

コンサートがもうすぐはじまるよ。

 

 

50+1オープニングは暴動クラブ(Voodoo Club)。New Year Rock Festivalはロックンロールからはじまるのが定番だった。メンバーは19歳と若いバンドだ。

二番手に、楽しみにしていたRay Yamanaka。ジョー山中の名曲「Woman」、そしてHipHop。この声は大事にして欲しい。

続けて瓜田純士。麗子さんはきょうは残念ながら出演しなかったが、毎回成長を感じさせてくれるパフォーマンス。

次は呂布カルマのラップ、KYONOのロック、そしてキングギドラ。HIPHOPも2023年は50周年を迎えたとZEBRA。

そして一年の幕開けを前に「湾岸の羊〜Sheep living on the edge〜」。買いたいと思っていたCDを会場で入手。HIRØには言いたいことがいっぱいあるんだ。

セレモニーは「コミック雑誌なんかいらない!」

2024年の最初のバンドはJ-REXXX。まじめな曲はこれだけとのことだが「MUSIC」は名曲だと思う。

RUEEDのレゲエ。そしてトリはMoutain Man(高橋和也、原田喧太、平山ヒラポン牧伸)。 高橋和也は、紅白のトリからNYRFのトリを務めることになった。

コンサートの締めは、J-REXXXによる一本締め!

鮎川さんも、PANTAさんも、もんたさんもこの世を去ってしまったけれども、渋谷ストリームホールは、NEW YEAR ROCK FESTIVALが持っていた猥雑なエネルギーを感じさせてくれた。
一年の始まりを、今年もロックコンサートで迎えられたことに心から感謝!HIRØさん、ありがとう!

年末にまた会えることを祈っています。

INTERVIEW “50+1 New Year Rock Festival 2023-2024″開催記念座談会

【スポニチ】「ニューイヤー・ロックフェス」年またぎで開催 新年をにぎやかに祝う

【サンスポ】ニューイヤーロックフェス開催直前にHIRØ、Zeebraら出演者が渋谷の街練り歩くhttps://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/284504

【東スポ】大みそかの「New Year Rock Festival」にキングギドラ、Rueed出演

【スポニチ】New Year Rock FestivalにRAY YAMANAKA aka ZERO出演

Share

50+1 NEW YEAR ROCK FESTIVAL

https://www.newyearrockfestival.com/

公演名:50+1 New Year Rock Festival 2023-2024

会場:渋谷ストリーム ホール

日付:2023年12月31日(日・大晦日)

時間:OPEN:17:00  START:18:00~END26:00

主催企画:TRISTAR japan

制作:株式会社ジェイロック

運営:キョードー東京

■お問合せ:キョードー東京 0570-550-799 
オペレータ受付時間(平日11:00〜18:00/土日祝10:00〜18:00)

 

Share

内田裕也の映画とCM

今発売中の「キネマ旬報12月号」に内田裕也が取り上げられています。
「ミュージシャンにしかできない、音楽が聴こえるような表情・身体表現というものがある。」と誌面冒頭から内田裕也の映画「十階のモスキート」が紹介されています。必読です!

 

 

そしてパルコのCM。『「パルコを広告する」 1969 – 2023 PARCO広告展が』が渋谷のPARCO MUSEUM TOKYOで開催されました。
チャックベリーの来日時にはユーヤさんが話をまとめて、このCMが実現したのでした。
こちらもミュージシャンにしかできない身体表現でした。

 

Share

11/24-30 新宿シネマカリテ『ブルー・ウインド・ブローズ』

★新宿シネマカリテ 11/24(金)〜11/30(木)https://qualite.musashino-k.jp/movies/22051/

★新潟 市民映画館 シネ・ウインド 1/13(土)~1/26(金)
https://www.cinewind.com/

11月23日、新宿武蔵野館での最終日、富名哲也監督と畠中美奈プロデューサーのトークでは、内田也哉子さんのキャスティング秘話も聞けました。
映画は2017年撮影。

ユーヤさんの最晩年の作品となりました。

佐渡島の絶景と主役の少年と妹の目が印象的です。

 

 

Share

石巻はロックンロール

西東京市の柳沢公民館のヤギフェスで、写真を展示しました。
2023年11月18日から19日までの2日間だけの展示です。

2011年4月6日、石巻一皇子神社にピザ車が現れた。
ピザとミネストローネとバナナとみかんを持って、
ロックンローラーがやってきた。
ピザが焼けるまでロックのステージを楽しんでください。
「石巻はロックンロール!きょうはなんでもします」と
内田裕也が言った。

当時のサイトでの紹介はこちら↓
http://uchidayuya.com/ima_rock/ishinomaki/index.html

サインしてください
一緒に写真撮ってください
背中にサインしてください
Share

69+15歳のお誕生日おめでとうございます!

ユーヤさん、69+15のお誕生日おめでとうございます!
韓てらでのちょっと早めのお誕生パーティ、楽しかったですね。
大谷さんから、フラワーズ時代のお話を伺いました。当時は橋本健を名乗っていらしたそうで、ユーヤさんがヨーロッパから帰って新しいバンドを作るために、あちこちのライブハウスを巡って、諦めかけていたときに出会ったのが、橋本健さんがベースでいたバンドだったのですね。麻生レミさんはもう決まっていたそうで、ボーカルはいらないと言われたとか。
年末に池袋のドラムでステージをして、お客さんが6人しかいなかったこと。
「紅白だけが祭じゃないよ」という反骨のメッセージは、あの時に生まれたはずと大谷さんがおっしゃいました。
東京に呼ばれたバンドメンバーは赤坂で合宿していて、ある日、家賃滞納で部屋に入れなくなって窓から機材を救出し、メンバーはそれぞれ女性の元へ。。。そこで大谷夫人と結ばれたと言うエピソードも!

お誕生会恒例の自己紹介コーナーは充実のひとときで、ファンの方でそんなにエピソードのない方は同じことを毎回言うことになっているのですが、同じことでもちょっとニュアンスが違っていたり、新しいエピソードを話してくれたり、怖いと思っていたユーヤさんに紳士的に接していただいてカッコよかったというREDZさんの話や、TATSUさんが偶然都知事選のライブ遊説に行き合わせた話とか、内田裕也エピソードは尽きることがなかったです。

自己紹介のトリはHIROさんで、HIROさんはユーヤさんの写真に語りかけるように話して、池野さんが撮影した穏やかな表情のユーヤさんが静かにHIROさんの話に耳を傾けているように見えました。

内田裕也着せ替えコーナーは3回目となり、もうネタ切れではあるのですが、REDZさんのチャイナ服はチャイナ服に見えなくて、さすがの存在感でREDZ風に着こなしてました。REDZさんは4時からラジオがあって、ちょっと早退でしたが、ラジオの冒頭で内田裕也誕生会の話もしてくれましたよ。(コマラジ←クリック)
TATSUさんはサービス精神でユーヤさんのドレスを胸にあてて、妙に艶っぽくなっていました。(TATSUさんのファンのみなさん、ごめんなさい)
HIROさんは、テレビのバラエティでユーヤさんが女装したときに、「女装するかしないか」のクイズにするわけがないと思ったそうで、「するんかい!」とのけぞったそうです。

今年は、69の日に渋谷のヴィジョンで内田裕也最期のCMが流れ、横須賀でのロックコンテストのアイコンが内田裕也になり、ちょうど今、新宿武蔵野館で也哉子さんとの映画「ブルー・ウインド・ブローズ」が上映されています。そして、今日、11月17日にNEW YEAR ROCK FESTIVALのチケットが発売になるとHIROさんが教えてくれました。(イープラス←クリック)

内田裕也は不滅ですね!

Share