カテゴリー別アーカイブ: その他

内田裕也生誕83年パーティ&お墓参り

「内田裕也生誕83年パーティ」今年も開催します!

〇内田裕也生誕83年パーティ(要申し込み)
11月12日(土)午後1時から,「韓てら」にて。

2022年11月17日、存命であれば、われらがロックンローラー内田裕也は83歳(69+14歳)のお誕生日を迎えるはずでした。
今年も、ユーヤさんが好きだった素敵な焼肉レストランで生誕83年パーティをします!
パーティは12日(土)ですので、お間違いなく!

今回のお誕生会のサブタイトルは、ジョン・レノンのイマジンの歌詞から、「No hell below us(地獄なんかないんだよ)」としました。
世の中の動きに常にアンテナを張って,ROCKに何ができるのか,内田裕也はROCKという表現の可能性と責任をずっと考えていました。内田裕也には怖いイメージがありましたが、本質的に優しい人でした。今、もしカルト宗教から抜け出せないでいる人に会ったら、「地獄なんかないんだよ」と、内田裕也は言ったのじゃないかと思います。

[申込]
https://uchidayuya83.peatix.com
お誕生日お祝い券:10000円

〇お墓参り(申し込み不要)
※お供え用ビールを1缶ご持参ください。
2022年11月12日(土)11:30 光林寺境内前集合
(東京都港区南麻布4丁目11−25)
渋谷駅東口 58番のりばから都営バス(都06)新橋駅前行き 光林寺下車
新橋駅前 5番のりばから都営バス(都06)渋谷駅前行き 光林寺下車
新宿駅西口(or 東口)から都営バス(品97)品川駅高輪口行 光林寺下車
品川駅高輪口から都営バス(品97)新宿駅西口行 光林寺下車

お寺ではお墓の場所は教えてくれませんので、お参りしたい方はご一緒しましょう。
なお、みんなでビールを1缶ずつ持ち寄って、お供えしようと思います。その場で飲むわけではありません。また、マスクは必ず着用してきてください。よろしくお願いします。

Share

Billy監督の映画『BUGSⅡ』公開!

去年のお誕生会の前のお墓参りにBillyに似ている人が来てくれて、Billyさんに似てますねと言ったところ、Billyさん本人だったのですが、そこからBillyの活動のお知らせもいただくようになりました。
なんとBillyは映画監督としても活躍していたのです!
第一弾は2019年公開、そして、第二弾の映画の公開が間近とのことです!
最新情報は、Twitterで!

映画BUGSバグズ〜BUGSⅡ
https://twitter.com/BUGS70340186

BUGSⅡ 第1弾トレーラー

2022年秋に劇場公開が決定したBUGSⅡ(バグズ2)の第1弾トレーラー!! 30億の価値がある切手と30億の価値がある幻の宝石ナイルの涙の壮絶な争奪戦が始まる。
一癖も二癖もある最強の悪人が集結するノンストップ・アクション・ムービー!!

【出演】
BILLY(mil9)
歌田初夏(AKB48)、大仁田厚、清水宏次朗、嶋大輔、ルー大柴
猫ひろし、Bro.KORN(バブルガムブラザーズ)、田村亮(ロンドンブーツ1号2号)
春本ゆき、KEITH(ARB)、MAGUMI(LÄ-PPISCH)他

【監督×脚本】BILLY(mil9)

【SoundTrack】
mil9 こおりさわ K-A-Z BUBBLE THE PRETTY TONES
BEFORE CHRIST BUTTERFLY
MAGUMI AND THE BREATHLESS
LAYGAN

BUGSⅡ舞台挨拶プレミアム上映
渋谷ユーロライブ
10月2日
OPEN 18:00 START 18:30
登壇者 BILLY、猫ひろし、KoREDS 他

自由席¥3900-
VIP ticket¥15000-
※劇中の衣装を着たキャストとプロのカメラマンによる撮影
※登壇者の諸事情による変更の場合でも払い戻し無し
1上映につきお一人様2枚迄
お名前、枚数、券種、ご住所、電話番号を記載してdragonff69@gmail.com

先行予約にて予定枚数に達した場合には一般発売及び当日券の販売はございませんので、予めご了承ください。
※当イベント・チケットに関してユーロライブへのお問い合わせはご遠慮ください。
下記は、2019年公開のBUGSの予告編です。

Share

4回忌

3月17日はユーヤさんが亡くなって3年目、仏教カウントだと4回忌です。
「お墓参り実行委員会」主催のお墓参りを313日、日曜日に行いました。
ニューイヤーロックフェスティバルの後継でもあるカイキゲッショクHIROさんが呼びかけてくれて、年越しライブのステージに立ったことのあるミュージシャンや、サポートしてくれたみなさんが大勢集まりました。
ジョー山中さんや桑名正博さんのバンドのギタリストだったマサシさん、
AURAのREDSさん、RADIOTSのYOSHIYAさん、VOODOO HEADのVOODOOさん、DJ春太郎さん、福島から来てくれたTHE NIGHT PIRATESのみなさん、また、3月17日に原宿クロコダイルで内田裕也トリビュートライブをするフラワーズの大谷さんご夫妻、そしてわれわれ内田裕也ファン一同です。
ラフなお墓参りのつもりが、ビールと数本ずつのお線香を1人ずつが捧げる儀式のようになって、墓前に膝まづくというより、正座してお参りしている一人一人のミュージシャンの姿に、内田裕也の存在の大きさを再認識させられました。

ユーヤさんも一緒に、お墓の周りに集まって「Rock’n’Roll!!」したのですが、なんと、ユーヤさんから電話が!

「おお、この世か?俺はあの世にいるんだけどよ。みんな元気か?こっちはみんな死んでるけどな。戦争は終わらせろ。分かったな」

Share

【内田裕也 ロックンロールお墓参りのご案内】

【内田裕也 ロックンロールお墓参りのご案内】

もうすぐユーヤさんの命日(3月17日)です。
今年は、お墓参りのみを予定しています。

〇お墓参り(申し込み不要)
※お供え用ビールを1缶ご持参ください。

日時:2022年3月13日(日)14:00 光林寺境内前集合
(東京都港区南麻布4丁目11−25)

渋谷駅東口 58番のりばから都営バス(都06)新橋駅前行き 光林寺下車
新橋駅前 5番のりばから都営バス(都06)渋谷駅前行き 光林寺下車
新宿駅西口から都営バス(品97)品川駅高輪口行 光林寺下車
品川駅高輪口から都営バス(品97)新宿駅西口行 光林寺下車

お寺ではお墓の場所は教えてくれませんので、お参りしたい方はご一緒しましょう。
なお、みんなでビールを1缶ずつ持ち寄って、お供えしようと思います。その場で飲むわけではありません。また、マスクは必ず着用してきてください。よろしくお願いします。

主催:内田裕也お墓参り実行委員会 Rock’n Rollienne & Sachi

Share

お誕生日おめでとうございます

ユーヤさん、お誕生日おめでとうございます。
少し早めのお誕生会、楽しかったですね。

お墓参りに、Billyに似た人が現れたので、「Billyさんに似てる」と言ってしまったのですが、まさにBillyでした。
「お墓参りにやっと来れました」と言ってました。
Billyは気付かれなかったら、名乗らずに帰ろうと思ってたと、カッコイイこと言ってましたが、新作映画もクランクアップでユーヤイズムで映画を創っているとのこと。内田裕也は不滅ですね!いろんなアーティストの中に息づいています。
パーティは来れなかったので、HIROさんが残念がっていました。
それから、ベーシストの藤井雅一さん。たまたまRollienneの地元のイベントでお会いして、ユーヤさんの話になったのです。古いお知り合いと伺いました。午後はお仕事でパーティには参加されなかったのですが、和田ジョージさんとも懇意にされていたそうです。またの機会に再会できそうですね。そうしたら内田裕也同窓会になりますね。

他にもいつかお参りに来たいと言っている人がいますよ。
3月には、また「お墓参り実行委員会」をしますし、来年もお誕生会の前のお墓参りをしましょうね。

パーティには、HIROさんがGASTUNKのTATSUさんを連れて来てくれて、フラワーズの大谷さんご夫妻と和田ジョージさんと、われらがさっちゃんと、元キックボクサーの吉田商店と、戦メリでユーヤさんと共演した飯島洋一さんと、お父さんにユーヤと名付けられたユーヤくんと君津市に住んでて力也さんのお墓が近くにあると言うTさんが来てくれました。
北海道の親不孝通り照井さんからは電報が、ユーヤさんの大ファンのOさんからはお花が届きました。
仕事で欠席になった内田裕也オフィスの石山さんからは、全員にロックマスクのプレゼントもあり、みんな喜んでいました。
そうそう、ユーヤさんの昔のマネージャーで,本(フェスとデモを進化させる 「音楽に政治を持ち込むな」ってなんだ!?)を出した大久保青志さんも来たかったのですが、仕事と重なってしまったとのことでした。

だいぶ前に,ユーヤさんから洋服をネットで売ってくれと頼まれて,送られた荷物の中に,ゴージャスなマントがあって,さすがにヤフオクに出すわけにもいかないと思って,電話を掛けました。ヨージ・ヤマモトのマントで,CMで吸血鬼をしたときのものとのことで,持っていてくれと言われました。なので,ずっと持っていましたが,HIROさんがステージで着たらカッコイイのではないかと思って,持参したのです。
そうしたら,思いがけず仮装大会になって,みんなマントを羽織ることになりました。
楽しすぎて,みんな笑顔でドラキュラっぽくないですね。

HIROさんにはステージで着て欲しいです。Billyは憂いを帯びた感じでポーの一族みたいです。TATSUさんは笑顔でもドラキュラに見えます。大谷さんはドラキュラというより,文士みたいです。
ユウヤくんはドラキュラに適性がありそうです。和田ジョージさんは,ドラキュラ会の会長みたい。キックボクサーはこれから試合するみたいなので,ドラキュラに見えないです。大谷夫人はマントがドレスみたい。さっちゃんは可愛いドラキュラになりました。飯島さんはドラキュラではないですが決まってます。
わたしは単に喜んでいるだけですね。Tさんはやはり文士系ですね。みんな味があります。

そうそう,お墓参りの前にお掃除しなければと思っていたら,だれかがきれいにかたづけてくれていました。ありがとうございます。ユーヤさんはいろんな人に大切に思われているのだなと改めて思いました。

 

Share

内田裕也生誕82年パーティ&お墓参り

「内田裕也生誕82年パーティ」今年も開催します!

〇内田裕也生誕82年パーティ(要申し込み)
11月13日(土)午後1時から,「韓てら」にて。

〇お墓参り(申し込み不要)
※お供え用ビールを1缶ご持参ください。
2021年11月13日(土)11:30 光林寺境内前集合
(東京都港区南麻布4丁目11−25)
渋谷駅東口 58番のりばから都営バス(都06)新橋駅前行き 光林寺下車
新橋駅前 5番のりばから都営バス(都06)渋谷駅前行き 光林寺下車
新宿駅西口(or 東口)から都営バス(品97)品川駅高輪口行 光林寺下車
品川駅高輪口から都営バス(品97)新宿駅西口行 光林寺下車

お寺ではお墓の場所は教えてくれませんので、お参りしたい方はご一緒しましょう。
なお、みんなでビールを1缶ずつ持ち寄って、お供えしようと思います。その場で飲むわけではありません。また、マスクは必ず着用してきてください。よろしくお願いします。

Share

内田裕也生誕81年パーティ

今年もやります!

チケットは、下記をクリックしてください。

https://uchidayuya81.peatix.com/view

2020年11月17日、存命であれば、われらがロックンローラー内田裕也は81歳(69+12歳)のお誕生日を迎えるはずでした。
今年も、ユーヤさんが好きだった素敵な焼肉レストランで生誕81年パーティをします!
パーティは14日(土)ですので、お間違いなく!

この春、コロナでライブハウスが悪者にされました。ユーヤさんが生きていたら、どんなコメントを残して、どんな行動をしたのでしょう。
お誕生会のサブタイトルは、「いま、内田裕也は何を考えているか」です!
お昼前にお墓参り(自由参加)をして、午後1時から焼肉を食べながら、内田裕也について思う存分語りあいましょう!
おいしい焼肉&飲み放題のパーティです。
※レストラン予約の関係でキャンセル不可とさせていただきます。

〇お墓参り(申し込み不要)
11:30 光林寺境内前集合
(東京都港区南麻布4丁目11−25)
渋谷駅東口から都営バス(都06)新橋駅前方面行き 光林寺下車

Share

一周忌

2020年3月17日、ユーヤさんが亡くなって一年。
去年のこの日、内田裕也は二度と再び、目覚めることはなかった。

今年は、クロコダイルで追悼ライブがあると聞いて、予約を入れていたのだが、コロナウィルスの影響で中止。
こんな世相について、生きていたら何か語ったのだろうか。
パチンコ屋は特に話題にならない中で、ライブハウスは連日、感染源かのようなニュース報道。
さぞかし心を痛めていたことだろう。
こんなときだからこそ、音楽は人々を支えてくれるのだろうに。

一周忌。判じ物をひとつ披露しよう。
フラワーズ。フラワートラヴェリンバンド。1815 Rock’n Roll Band。そして、トルーマン・カポーティRock’n Roll Band.
トルーマン・カポーティは米国の小説家。「ティファニーで朝食を」「冷血」などが有名。
「ティファニーで朝食を」は、映画にもなって、オードリー・ヘップバーンが演じた。

Miss Holiday Golightly, Travelling

小説に出てくるこの鮮烈なフレーズ。
そう、内田裕也は、ホリデー・ゴライトリーよろしく、旅行中でありつづけたのだ。

Share

NYWRF 追悼 内田裕也

いつかこの日が来ることを予感しながらも、あと1年、いやあと2、3年はと、内田裕也は生き続けるものと思いたかった。
いつの頃からか、このコンサートはユーヤ亡き後はどうなるのかと、ファン同士で心配するようになり、まぁ追悼はできるだろうけれども、その後が問題と、話しあっていた。
第47回、ついにその追悼の日がやってきた。
トルーマンカポーティのメンバーが開会を告げ、一番手は「カブキロックス」。まだ年は開けていないが、正月気分全開の「オ♪エ♪ド♪」。一緒にやらないと縁起が悪いと言われれば、ついやりたくなる。
次に登場したのは、Newの印のついた「THE JIVES」、正統派ロックンロールの若い担い手に、時の流れと、ロックンロールが確実に引き継がれていることを感じる。
三番手に、「THE mammy rows」。すぐには気づかなかったがザマミロウズ!だった。ご機嫌に踊る少女が、眩しい。
そして「肉食パルチザン」。良い子は真似をしないでくださいのキワモノ系だが、ニューイヤーの味付けの一つ。ここまで新人が続いて、「トライポリズム」。もはや中堅と呼ぶべきか、美勇士のバンドである。父母は桑名正博、アン・ルイス、二人ともニューイヤーの出演者で、正博氏はin 関西を10年続けた。その美勇士のラストナンバーは、ロックバージョン「月の明かり」。この表現にもっと奥があるような気がするのは欲深すぎるだろうか。
続いて、「JIU~慈雨」。レッズの新しいバンド。確かなボーカルで聴かせる。レッズはMCだけの回もあったので、やはりバンドを続けて欲しい。
カウントダウンはまだだけれども、コンサートは中盤に差し掛かり登場したのが「活躍中」。このバンド名はある種の自虐でもあるのか、まだまだ活躍中の近田春夫のバンドである。ピコピコは健在で、近田は近田の顔で笑っている。
音楽の広がりを感じさせる構成で、次は「STORM」。バイオリン、チェロ、キーボード、女性ばかりのエレクトリックサウンドで、クラシックのインテリジェンスも感じさせる。
ここからガラッと変わって、「高樹町ミサイルズ」。中村獅童がショーケンのララバイを歌った。原田芳雄、松田優作の系譜に繋がりながら、獅童は仲野茂とタイアップして、やんちゃぶりを披露する。ロックに歌舞く歌舞伎界のプリンスである。
そして「Th eROCKERS」、陣内孝則はあの頃のまま膝を曲げてジャンプする。ロック界からザ・芸能界に躍り出たスターは、ゴージャスなジャケットを見事に着こなしている。
ニューイヤーロックの熱気を堪能したところで、「Flower Travellin’Band with Ray」。ジョーの息子、Rayがボーカルを取った。涙が溢れそうになる。Flower Travellin’Band のオリジナルメンバーが健在のうちに、Rayが間に合ってくれた僥倖に感謝する。Rayがこの選ばれた運命に答えてくれることを祈る!
今日のコンサートの構成は誰がしたのだろう?ニューイヤーロックフェスの真髄を熟知している誰かがいる。
続けて、「シーナ&ロケッツwith LUCY」。鮎川誠はLUCYが歌うのが嬉しくてしょうがないように見える。LUCYはときどきシーナの顔をしてシャウトする。大切な人をたくさん失ったけれど、後を繋いでくれる人が必ず現れる。
そろそろ年が明ける。
「内田裕也&Truman Capote Rock’n’Roll Band」!
スクリーンに登場するあの日、あの時のユーヤ。去年テレビ放映されなかった「決めてやる今夜」がスクリーンに流された。一年前、わたしはリハーサルから見ていた。
「もうヤケクソだ!」とユーヤは言った。思うように声が出ず、自分に苛立っていた。2曲か3曲と言っていたのを、1曲増やして4曲歌った。そしてこれが、最期の一曲となった。
「Ceremony」がはじまる。カウントダウンだ。
オレにはコミック雑誌なんかいらない♪いつの間にかユーヤは一緒に踊っている。この瞬間はみんな楽しくてしょうがないという顔をしている。タッタッタタッタ♪ギターを下に!タッタッタタッタ♪ギターを上に!ダックウォークを右に左に!しゃがんでしゃがんで、ジャンプ!47年、同じことをしている。これがここに集う人たちの新年の幕開けなのだ。
さて、2020年、最初のバンドは?
「亜無亜危異」だ!仲野茂の抑制の効いた不良ぶりがいい。ただし彼の水吐きは要注意。カメラが濡れると困る。それでいて、シャッターチャンスを捉えたいとも思う。
もうこれこそが、ニューイヤーロック!わたしはこのコンサートを失いたくない。
続いて「白竜」!骨太の声が響く。誰のためでもない、自分のために!無意識のうちに新年の決意を固めている自分がいる。そして「決めてやる今夜」白竜バージョン!
ニューイヤーロックに浸り切って、さらに「頭脳警察」!パンタが元旦から世界夫人に別れを告げている。わたしたちは何度この忌まわしい世界と決別すれば気が済むのか!
続けて「高木完」。「恋の昔気質」は、内田裕也「コミック雑誌なんかいらない」(cd)から。この曲は近田春夫のナンバー。
コンサートは、もう終盤に差し掛かっている。ここで登場したのが「KATAMARI」。このバンドは原田喧太がギター&ボーカル。言わずと知れた名優、原田芳雄の一人息子だ。桑名正博に師事し、ギタリストになった。日々の研鑽を感じさせるステージだ。喧太は「赤い風」を歌いはじめた。この曲は、内田裕也「さらば愛しき女よ」から。
そして「新月灯花 Feat. NEWS」。NEWSは泥臭いまでに社会派である。音楽に政治を持ち込むなという阿呆がいるが、NEWSの良心は新月灯花に引き継がれて、被災地のストリートに花を咲かせ続けている。
そして、大取りは、「カイキゲッショク」。この独特のメイクに彩られた男たちからは一編の詩が立ち昇ってくる。バッドボーイは繊細で切ない。難しい個性と個性がスパークしながら喧騒と静寂を紡ぎ出す。彼らは客席に背を向けて内田裕也の前に立った。ロックンロールスピリッツを引き継ぐ儀式のようにも見え、ニューイヤーロックフェスを続けるという誓いを立てているようにも見えた。もちろん観客もこの誓いの場に立ち合っている。わたしもまた、このコンサートを失うわけにはいかない一人だった。鮎川誠が招かれ、バッドボーイは「決めてやる今夜」を歌った。そう今日は、何度でも、決められてやる今夜、なのだった。
夜中の3時をとおに回って、フィナーレ!みんな楽しそうに踊る。来年もまた、このコンサートが開かれることを誓い合うように。確かめ合うように。
すべてのミュージシャンが立ち去った後、スポットライトは1本のマイクを照らし出した。Rolling on the roadが流れてきた。ユーヤの声だった。一緒に歌う声が客席から聴こえる。
いつのまにかNew Years World Rock Festivalのアイコンとなったユーヤの両手を広げて世界を抱くかのような後ろ姿は、星の王子さまに似ている。
星の王子さまは小さな星にいて、悲しくなると何度も夕陽を眺めた。小さな星なので、ちょっと椅子を引くと、また夕陽を見ることができた。王子様は何度も椅子を後ろに引いて、気が済むまで夕陽をみた。
ユーヤが始めたコンサートは、日付変更線の始まりから終わりまで、HAPPY NEW YEARを世界中で鳴り響かせる。この日は、みんな武器を捨てて楽器を持とう。地球はゆっくりと回転しながら、すべての場所で幸福な新年を迎えるのだ。国連に言って、この日は停戦の日とすることにしよう。
日本各地で、そして世界で、多くのミュージシャンが楽器を奏でながら、歌を歌いながら年を越すことを提案しよう。何の宗教も関係なく、わたしの頭上にあるのはただ空だけ。地球の丸さを感じながら、音楽はすべての人々の生命を寿ぐ。#NYWRF のタグを付けてTwitter に写真や動画を上げて、新年はあちこちで産声をあげる。音楽をHAPPY NEW YEARを世界で共有しよう。そんな世界が訪れたとき、内田裕也の魂はようやく安らぎを得ることになるのだろう。

Rock’n Rollienne

Share

内田裕也 Rock’n Roll 葬 献花

https://yuya.peatix.com/

内田裕也 Rock’n Roll 葬 献花

詳細

2019年3月17日、稀代のロックンローラー内田裕也が亡くなりました。
4月3日に行われるRock’n Roll葬において、ファン一同で、お花を出したいと思います。
——————————————–
内田裕也Rock’n Roll葬
4月3日 15:00~17:00 一般・ファン向け
東京・青山葬儀所
喪主:内田也哉子
——————————————–
一口、1000円としますが、余裕のある方何口でもお願いします。

ロックンローラーにふさわしく、賑やかに送りましょう!
みなさんの献花で、下記、横尾忠則さんのポスターが花で再現されます!

 

Share